HAYABUSA Train Factory Blog TOP  >  スポンサー広告 >  電気機関車  >  [K] EF510 510  >  KATO EF510-510のパンタグラフを自作してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KATO EF510-510のパンタグラフを自作してみた

ブログの更新が一年ぶりとなってしまいましたね。

※前の記事の結果はコントローラー、モータードライバとも問題なく動作しております。
 いつか書きます。


製作時間約12時間(動画見たりダラダラしながですが…)
EF510-510のパンタグラフFPS5形を製作しました。

IMG_8977.jpg 
諸事情により床下は青釜から拝借しております。
いやーかっこいい!

IMG_8971.jpg
大体がミリ以下の作業で目がしょぼしょぼしちゃいます。

IMG_8981.jpg
上から。
 ホーン、リンク棒は真鍮線の0.2mmを使用しているので、銀に塗装しました。

IMG_8980.jpg 
パンタを作ってて気になるのが自作パンタはどれぐらい電流を流せるのか。
抵抗は大きいと思うのであまり流したくありませんが、流せば流すほどスパークを
再現しやすくなるというジレンマが!!

材料は以下になります↓↓
洋白角線 0.6×0.6mm
洋白帯線 0.8×0.2mm
洋白線  0.4mm、0.3mm
真鍮線  0.2mm

他の形式、EF210、EH200などアーム部が四角の場合はこの材料で大丈夫かと。

ではまた~



スポンサーサイト
[ 2018年04月18日 21:04 ] カテゴリ:[K] EF510 510 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hayabusa

Author:hayabusa
更新が無かったら疲れきっていると思っていただければ幸いです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター
ブログ村
twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。