HAYABUSA Train Factory Blog TOP  >  スポンサー広告 >  新幹線  >  [T] H5系 >  H5系新幹線を架線集電化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

H5系新幹線を架線集電化

ED79と同じく青函トンネルのモジュールを架線集電で走行させるべくH5系新幹線を試しに加工してみました。

H5系(E5、E6も同じですが)のパンタグラフは進行方向によって切り替わるので基本一つのパンタグラフで集電しています。
なので必ずどちらかは畳んでいる状態で走行しています。

これを模型で再現すると非常に厄介です。特に新幹線の場合はアームの中にリンクが入っており上げ下げしているのですが、1/150で再現となると今の技術力ではできないので、下アームは上げた状態と下げた状態の半固定で上アームだけバネを使い架線を追従した畳めるパンタグラフを作ってみました。もちろん舟体は上アームに固定してあります。

製作したパンタグラフはスリ板中央にハンダのヤニが残っており少々集電不良をおこしております。


スポンサーサイト
[ 2016年09月18日 19:10 ] カテゴリ:[T] H5系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hayabusa

Author:hayabusa
更新が無かったら疲れきっていると思っていただければ幸いです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター
ブログ村
twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。