HAYABUSA Train Factory Blog TOP  >  スポンサー広告 >  ライト関連 >  室内灯のお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

室内灯のお話


室内灯を2つの分類すると、

プラ棒やアクリル等を介して照らす方式 と LEDで直接照らす方式があり

自作では、夕庵式やテープLEDが一般的かな。

一昔前は、夕庵式が多かったですが、

昨今は、テープLEDが主流になりつつ?なっている?感じがします。


そんなこんなで
ツイッターでちょこちょことUPしてましたが、

思いつきで、
北斗星の室内灯&ライト関係を一新したいと思います。
かなりもったいないですが(汗)


LEDは特性上、並列に接続する際は
gfh.png
抵抗とLEDを直列につないだのを並列に接続するのが基本です。

しかし、LEDだけを並列にするとどうでしょう?
gfhf.png
これはあまりよろしくない回路です。
それは、LED一つ一つ特性にばらつきがあり云々かんぬん(詳しくは検索してね)
でもこれは、抵抗値を間違わなければ問題なく光ります。(LED一つ一つの光り方は微妙に違いますが)
LEDの個数に限らず抵抗値をLED一個分の値にすればいいのです。
※抵抗値を小さくし過ぎると電流が偏りLEDが壊れます。(実験済み)

tjuh.png
実物がこちら。600Ωにしてあります。

kytuk.png
実験的にやってみました。
色はその都度変え、方向幕も光らせ、目立たなかった車掌室等も照らす予定です。


それでは~
スポンサーサイト
[ 2014年07月31日 22:24 ] カテゴリ:ライト関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hayabusa

Author:hayabusa
更新が無かったら疲れきっていると思っていただければ幸いです。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター
ブログ村
twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。