HAYABUSA Train Factory Blog TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  Nゲージで蛍光灯を再現! 解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nゲージで蛍光灯を再現! 解説

これから書く内容がこれから作業していく上で基板となるはずです!

IM8958 (1)
材料はナチュラルホワイトの1608チップLEDと0.4mmの透明プラ板と0.1mmのプラペーパーです。

IM8958 (2)
まず0.4mmの透明プラ板を2枚切り出します。
サイズは縦横2x20mmです。

IM8958 (5)
なぜ2枚なのかというと、LEDの高さ0.8mmに合わせるためです。
手に入るのであれば、0.8mmのプラ版でOKです。(タミヤのプラ板は手に入りやすい)

IM8958 (6)
光の事も考えて、0.1mmのプラペーパーをどちらかの面に貼り付けます。

IM8958 (7)
LEDの方は抵抗ないし定電流ダイオードとLEDを直列につなぎます。
蛍光灯の長さが1cmの場合1つのLEDでも構いませんが、
2cmになると光が極端に偏るので2個をおすすめします。

IM8958 (8)
配線したLEDを蛍光灯に取り付けます。
この時、接着剤で透明プラ板とLEDの間に隙間が発生しないように気をつけましょう。

I8966.jpg
遮光用の塗料を散布します。
もし隙間があると遮光用の塗料が流れ込んでしまい光量が減ってしまいます。
この後、黒く塗ったところを白で上塗りすれば蛍光灯の完成になります。

以上解説でした。

I8979.jpg
完成品はこちらになります(白を上塗りしていませんが)。


スポンサーサイト
[ 2014年03月07日 21:20 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hayabusa

Author:hayabusa
更新が無かったら疲れきっていると思っていただければ幸いです。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター
ブログ村
twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。