HAYABUSA Train Factory Blog TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コントローラーの改良

ヘッダーをちょっといじりました。

さて、本題です。

無ytygkgtk題
架線集電と線路集電を行う際、いままではACアダプタを2個使用していました。(図上側)
これには理由がありますが省きます。

モータードライバ回路を取り付けることにより1個のACアダプタで操作できるように設計しました。
架線は切り替えをせずプラスになります。

作成して、コントローラー、モータードライバとも問題なければ図下側の回路でこれからはいこうかと思います。

以上報告でした。


スポンサーサイト
[ 2017年04月16日 22:01 ] カテゴリ:架線集電 | TB(0) | CM(1)

パンタグラフ自動昇降の可能性

無jhhgnbf題
もしかすると手元のコントローラーでパンタグラフの操作が可能になるかもです。

IMG_04t08 (2)
イメージを元に加工。

IMG_t0409.jpg
今までは通常状態でパンタは上げてましたが、逆に下がります。

IMG_04t08 (1)
力が加わることでパンタは上がります。

うまくいくといいけど
[ 2017年01月30日 12:55 ] カテゴリ:架線集電 | TB(0) | CM(3)

青函トンネルモジュールに架線を取り付けた

ツイッターでは随時写真をUPしていましたが、ブログでは初めてですね。


IMG_028et0.jpg
本州側です。
架線柱を設置し架線を取り付ける前です

IMG_02re76.jpg
架線は0.3mmの洋白線を使用。
実物同様、コンパウンドカテナリー式にしました。

IMG_dg0289.jpg
架線があると映えます!
あとはATき電線を取り付ければ電路関係は完璧です。

IMG_02gh90.jpg

IMG_0tfy293.jpg
いかにもな雰囲気の仕上がりになり満足です。

IMG_030gfj9.jpg
試験走行も上出来でした。

IMG_0tjtyj321.jpg
いい眺めです

最後に

H5系を架線集電で走行させてみましたので御覧ください。

[ 2016年10月10日 20:21 ] カテゴリ:青函トンネル入り口 | TB(0) | CM(1)

H5系新幹線を架線集電化

ED79と同じく青函トンネルのモジュールを架線集電で走行させるべくH5系新幹線を試しに加工してみました。

H5系(E5、E6も同じですが)のパンタグラフは進行方向によって切り替わるので基本一つのパンタグラフで集電しています。
なので必ずどちらかは畳んでいる状態で走行しています。

これを模型で再現すると非常に厄介です。特に新幹線の場合はアームの中にリンクが入っており上げ下げしているのですが、1/150で再現となると今の技術力ではできないので、下アームは上げた状態と下げた状態の半固定で上アームだけバネを使い架線を追従した畳めるパンタグラフを作ってみました。もちろん舟体は上アームに固定してあります。

製作したパンタグラフはスリ板中央にハンダのヤニが残っており少々集電不良をおこしております。


[ 2016年09月18日 19:10 ] カテゴリ:[T] H5系 | TB(0) | CM(0)

ED79 13 架線集電化

現在製作中の青函トンネルモジュールに向けてED79-13を架線集電化しました。



加工日は8月20、21日です。詳しくはツイッターを御覧ください。

[ 2016年09月11日 21:33 ] カテゴリ:[T] ED79 13 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

hayabusa

Author:hayabusa
更新が無かったら疲れきっていると思っていただければ幸いです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター
ブログ村
twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。